就職活動は時代とともに変化している

就活と言った方がむしろ通りがよくなった就職活動ですが、その言葉の指していることそのものには変わりがありません。

来年からの働き口を探す学生や、今の会社から移りたい人が仕事を探すことが、就職活動です。

ただし、後者の行うそれは、就職活動ではなく転職活動と呼ばれることの方が一般的です。

就職活動をしている学生のことは新卒という言い方をします。

大学生の他、短大生、専門学校生も含みます。

新卒者に対して、既卒者という言い方がありますが、これは既に学校を卒業済みの人のことになります。

既卒者は新卒者より、就職活動面において条件が厳しくなる傾向があるので、できるだけ新卒で就職をしてしまう方が得策です。

かつては、多くの企業で終身雇用制があり、新卒で就職したらそのまま定年までその企業に勤めることが一般的でした。

今の会社を辞めて、次の会社に入るということ自体に否定的なイメージがあり、一つの仕事を長く続けることが美徳とされていました。

近年では、定年まで同じ会社にずっと勤めるという意識も低くなり、転職はめずらしいものではなくなりました。

新卒で仕事を始めてから3年以下で仕事をやめる人も増えてきて、第二新卒という言葉でそういう人達を表現するようにもなっています。

企業側が新卒者を選ぶ基準も多様化しており、個性的な質問をしてくる企業や、ネットを介して面接を行う企業など、様々な手段があるようです。

働き方は時代とともに変化してきていますが、就職活動をしている人に企業が求めているものも多様化してきていると言えます。